タイ語で「戦い続ける男のための」滋養強壮ドリンク


タイで売っている滋養強壮ドリンクに
กระทิง แดง ティン・デーン
というのがある。

日本のオロナミンCみたいな物で、
最近、日本でもTVコマーシャルをやっている。

アレは「カラバオ・デーン」の方だったっけ?
他にも「M-150」というのもあるよね。

コレはカラバオ・デーング
クラティング 野牛
デーング 

つまり 「赤い野牛」 だが、
タイでは勇猛なイメージがあるんだろうね。

んで、最近のタイでもメッタに見かけなくなった、
クラティン・デーンの看板や垂れ幕があるのだが、
コレがなかなかユーモアがある。曰く、

「クラティン・デーンの商品名の後に、
สู้ ตลอด スー・タローッ(ト)
戦う・ずーっと

とサブタイトルが付いているのだ。

「戦い続ける(男のために)」ってな感じだね。

ところが、タイ語が少し分かるようになると、
この「戦う・ずーっと」の裏に込められた
ちょっとエッチな意味が理解できるようになる。

即ち、
「ずーっと立っている」
「ずーっとヤリ続け」
という意味が込められている事に気付くワケだね。

それほどよく効くドリンクだ、と言いたいんだろうね~

昔の「スータローッ」の垂れ幕を見かけたら、撮影して送ってください!

 

スポンサーサイト



theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

タイ語で「金魚鉢」


タイ語を直訳すると「按摩付きサウナ」なる店がある。

そのマッサージ屋には
ตู้ トゥー という物がある。

一言で言うと「たんす」を意味するが、
他にも「食器棚」のような、
何かをしまっておくような箱型の物をも指す。

で、マッサージ屋の所謂「金魚鉢」は
ตู้ トゥー とか、
ตู้ ปลา トゥー・プラー
タンス・魚

などと呼ぶ。

「商品をしまっておく所」という感じだろうか。
また、
トゥー・プラーの方は正に金魚鉢と同じ感じだね。

通常、湯女たちも自分たちが座っている所を
ตู้ トゥー と言いならしている。

声調は、上がって下がる。

「ト」は息を漏らさない方なので、
「ドゥー」「トゥー」の間って感じだが、
声調が正しければ、発音は正確でなくても通じやすい。

このตู้ トゥー という言葉に関するつまらない逸話を、
次回、バンコク駐在員日記に書いてみる。

 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

タイ語「ケチ」の語源

以前のエントリーで、
「ケチ」というタイ語を紹介したが、

「ケチ」に共通するのは「ネバつく、ネバネバする」
という言葉がくっついているのが多い。


ขี้ เหนียว キー・ニョウ
ขี้ ตืด キー・トゥー


いずれも、ขี้ キー の後ろは

「ネバネバ、ネバつく」という意味の単語。

ちなみにขี้ ตืด キー・トゥート は使わない方がいい。

これはかなり汚い言葉なので、喧嘩になりかねない。

タイ語には同様に、軽い冗談で言える言葉と、

言うと相手が殴りかかってくる恐れのあるキツイ言葉と、

2種類ある事が多い。

人の物を自分の物だと言って横取りするというか、

騙すようなケチのニュアンスのようだ。





また、本格的イサーン語でよく聞く「ケチ」は

「キー・ティー」だ。

ขี่ ถี่ これはイサーン語表記

イサーン語はタイ語と声調が違うので

「キー」の部分も異なる。


イサーン語の声調に忠実に表記すると

上記の通りになるが、これは

タイ語では「乗る(またがる)」の”キー”だね。


(例)キー・ロッメー=バスに乗る 



発音は息を漏らすキーなので、

日本人が普通に”キー”と言えばOK。


”ティー”は「狭い、小さい」というニュアンスの

「ティー」だと昔、聞いたけど・・・詳しくは分からない。




他にもあるけど、ほとんど使わないので
覚える必要もないと思う。



「粘り屋」→「ケチ」の語源だが、

t2yeahさんが言ってた、
「ウンコが粘るほど食い物を腹に詰め込む」
については、タイ人も
「へ~、なるほど!!確かにそうかも」
と言っておりました。



俺はあまり言われたことないけど、

タイ人は割とポンポン、客に対して「ケチ」と言う。


軽い気持ちで「ケチ!」という言葉を発する

”カルチャー”だから、怒っちゃダメよ!


んで、そういう時には


ไม่ ได้ ขี้ เหนียว

マイ・ダイ・キーニャウ

ケチなんじゃない

ประหยัด เฉย ๆ

ヤッ(ト)・チョイチョーイ

節約しているだけだよ


と切り返してやろうね。


また、

「チョイチョーイ」(とチューイとチャーイの中間って感じ)
もよく使う言葉だ。

これはタイ人と話して、感覚で使い方を学んでね!

 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

02 | 2008/03 | 04
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

fufuokamura

Author:fufuokamura

「バンコク駐在員日記」の
フーフー岡村が解説する
笑える楽しいタイ語講座!

おススメの本

Gダイアリー1月号

女性との会話には

真面目に勉強するなら

俗語で面白会話

タイで働くつもりなら

タイ旅行だけなら

最新記事
おススメの本

真面目に勉強するなら

夜遊びに必携

夜遊びに必携

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム