タイ語”ダイヤンガイ”で思い出す奇怪な事件



タイ語「ダイ・ヤンガイ」にまつわる話。

ある夜、バンコクはスクンビット某所にある、
某店所属タイ人女性の部屋で寝ていたら・・・

どこからともなく、
女の声にしては低すぎるし、
男の声にしては高すぎる声で、
すすり泣くのが聞こえてきた。

気持ち悪くて眠れないので、
何事かとベランダから覗いて見ると・・・

雨降るなか、タイ人のオカマが、
電柱にしがみついて号泣していた。

ทิ้งฉันได้อย่างไง 
ティン・チャン・ダイ・ヤーンガイ
アタシを捨てるなんてひどい!

ทิ้งฉันทำไม
ティン・チャン・タムマイ
なんでアタシを捨てるの!

ฉันทำผิดอะไร
チャン・タム・ピッ・アライ
アタシが何か間違った事したの?

รักใครก็ทิ้งฉัน
ラック・クライ・コ・ティン・チャン
みんなアタシを捨てていく
直訳すると「誰を愛しても私を捨てる」

แล้ว レーウ そして

ฉันจะอยู่อย่างไง
チャン・ヂャ・ユー・ヤーンガイ
アタシはどうすればいいの?

ฉันจะอยู่กับใคร
チャン・ヂャ・ユー・カッ・クライ
アタシは誰と居ればいいの?


男に捨てられ、
悲しくて泣いていたようだった。

オカマは同じセリフを繰り返し泣いていたが、
なぜか、雨が止むと同時に泣き止んで、
立ち上がってスタスタと歩き去っていった。

狐につままれたような怪事件だったが、
これらのフレーズは結構、使えると思う。

だから、
そういうシチュエーションに直面した時には、
このフレーズをそのまま使ってみよう!
何度も同じフレーズを繰り返していたので、
  順番は上記の通りとは限りません


なお、その時一緒に寝ていたタイ女も
これらのフレーズが気に入ったらしく、
事ある毎にマネしていた。


ちなみに、このタイ女のように、
他人が悲しんでいるのをマネするような人は、
タイ国では(タイ国でも)性格悪いとされている。

だからこの女も、俺の居ないところで
俺の悪口を言っているかもしれないな~

 

スポンサーサイト



theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

タイ語で「ウワッ!何だよコレ!!」



ได้อย่างไร ダイ・ヤーンライ

ได้อย่างไง ダイ・ヤーンガイ

・何やってんだよ!何て事するんだよ!
・何だよ、この有様は!
・何言ってんだよ!何て事言うんだよ!
・何だよ、テメー


こんな感じの意味で、色んな状況で使える。

ได้ ダイ できる、得る、~した(完了)のダイ
อย่างไร ヤーンライ どのように、どのような
อย่างไง ヤーンガイ ヤーンライと同じ


日常会話では
「ダイヤンガイ」と発音すれば大丈夫だね。

ダイの声調だけは注意だけど、
よく使うあのダイだから初心者でも問題ないと思う。


<例>

タイ国で働いた経験のある人なら、
一度はこういう場面に遭遇した事があると思う。

タイ人ワーカーが機嫌の悪い時って往々にして、
こっちがいろいろ説明しても、
「ウー」
とか
「オー」
など、
(オメー、舐めてんのかよ?!)
と言いたくなる返事が返って来たりする。

しかし、その場はグッとこらえる。

で、今度は
逆にそのタイ人ワーカーが俺に説明するときに
俺がマネして「ウー」とか「オー」と返事をすると、
奴らはキレて

「ウー、ダイ・ヤーンガイ!!」

と怒る。

この場合は、
「ウーって何だよ、その口の利き方は!」
というほどの意味である。
「ウー」「オー」はタイ国でも失礼な返事である。


他の例としては、
部屋に入るともの凄く散らかってたとする。

こういう場合、
「ウワッ!!ダイ・ヤーンライ!」
などと、驚きのウワッの後に、
”ダイ・ヤーンガイ”単独で使った
タイ人の怒りの声が聞こえたりする。


他にも、間違い電話がかかってきて、
「ナロンさんですか?」
「マイチャイ・クラップ。ポム・マイチャイ・クン・ナロン・クラップ」
(いえ、違います。私はナロンではありません)

「マイチャイ ダイヤンガイ!」
(違うワケないだろ?!違うってどういうことだよ?!)


なんて反応が返ってきた時には、
コイツらは間違いを認めようとしないんだなというか・・・
俺の下手なタイ語を聞いて、
俺がタイ人に違いないと感じるその感性というか・・・
呆れるほかない。
ちなみにタイ語では「คุณ クン」という言葉があり、
日本語だと「あなた」とか「~さん」に相当するのだが、
例えば俺が自分の事を話す時にも
「岡村さんは風呂屋に週2回通います」なんて使い方をする



また、俺の経験を踏まえていうと・・・

タイ人女性と同棲・半同棲すると、
俺のタイ工場の経験のような場面に遭遇するはずだ。

(最近、この女、俺をナメてかかってんな・・・)

と感じたら、そういう時は

「ウー、ダイ・ヤーンガイ!!」

と、男の威厳を示しておかないと、
ドンドンつけあがるから注意だよ!


そうやってたまには”ダイ・ヤーンガイ”と言っておくと、
女を部屋に残したまま外出して、帰ってきたら
使用済みの、中に精液たっぷりのコンドームを
バンコクのホテルやアパートの部屋の床に放置されたまま

な~んて破目に遭わなくて済むと思うよ!
(甘やかした女にコレをやられて、俺はキレた事がある)


次週は、
このフレーズにちなんだ奇怪な事件を書いてみる。


<追記>

先日のバンコクセミリタイヤ日記で書いた、チェンマイの
ローカルカラオケに変わった店は

รุ่งฟ้า ルンファー

รุ่ง ルン 夜明け
ฟ้า ファー 

 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

タイ・バンコクで、電話を切る時の決まり文句



タイで生活するにも携帯電話は必須アイテムだが、
先週、ちょこっと出たフレーズの

「ケー・二ー・ゴン・ナッ」

コレは、親しい間柄での、
電話を切る際の決まり文句である。
イサーン語ではどうなのかは知りません

タイ語を本で覚えた人は、
意外にこのフレーズを知らないので、
採り上げる必要があるようだからね。

แค่นี่ (ก่อน)นะ

ケー・二ー(・ゴーン)ナッ
じゃあ、な!
じゃ、これで!
じゃ、これでね!


本来は上記のスペルになるべきだが、
現実のタイ語会話ではのように話す事が多い。

แค่นี้ (ก่อน)นะ

違いは「ニー」の声調だけ。

上の方は、上がって下がる「ニー=これ」
下の方は、上がる声調の「ニー=この」

だから、文法的には
「これ」の「ニー」でなければならないと思うが、
こういう「ニー」の使い方は他のシーンでも普通になっている。

本来、時や場所を表す言葉が「ニー」の前に入っていて、
それが会話では省略されるので下の方の「ニー」になる、
という事なんだろうと思う。

タイ人に聞くと、
「”コレ”の”ニー”という単語は、
 単独で使う事は日常会話では滅多にない」

そうだが、
他のシーンでのニーの使い方も併せて考えると、
”コレ”の”ニー”がタイ語から消えつつあるように思う。


แค่ ケー ~だけ、~くらい
นี่ 二ー これ
ก่อน ゴーン まずは、とりあえず
この場合の意訳です

นะ ナッ な、ね


携帯電話でタイ人と話すなら、
これは必須とも言えるフレーズだ。


「ゴーン」はなくても良い。

「ゴン」が入っていれば、
「とりあえず」というニュアンスを含むが、
あまり気にしなくてもいいからね。

 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

10 | 2009/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

fufuokamura

Author:fufuokamura

「バンコク駐在員日記」の
フーフー岡村が解説する
笑える楽しいタイ語講座!

おススメの本

Gダイアリー1月号

女性との会話には

真面目に勉強するなら

俗語で面白会話

タイで働くつもりなら

タイ旅行だけなら

最新記事
おススメの本

真面目に勉強するなら

夜遊びに必携

夜遊びに必携

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム