タイ語の古語「我そなたを愛す」

タイ語で「私は貴方を愛しています」

ผมรักคุณ
ポム・ラック・クン (男→女へのみ)


イーサーン語では

ข่อยฮักเจ้า
コイ・ハッグ・ヂャオ (男女共用)
参照記事:http://fufuokamura.blog92.fc2.com/blog-entry-13.html

ところで、
同じ意味のフレーズで
広く知られているタイの古語に

ข้ารักเอ็ง
カー・ラック・エン

というのがある。(男女共用)

「我はそなたを愛するぞよ」
みたいな感じの、数百年も昔のタイ語で、
タイ人なら中卒どころか小卒でも知っている。

「カー」は上がって下がる声調で、有気音。
    (息を漏らす発音。後述の”殺す”と同じ発音)
「ラッは現代タイ語と同じ。
「エンเอง でもOK。


で、このタイ語の古語を
今でもネイティブランゲージとして使っている地方があるらしい。

コーラート周辺がそうらしく、
コラート出身のプライドの高い連中は
「コーラートはイーサーンじゃない。
 コラート人はイサーン人じゃないから
 イサーン語じゃなく、コーラート語を話すのだ」

と言う。

で、彼らがコーラート語で
「 I love you 」の意味を相手に伝える時は
上記の「カー・ラッ・エンと言うそうだ。

本当に”コラート語”なのかどうかは、
まだ研究が不完全なのだが、
バンコクっ子や、プーケット等の南部人に対して使っても
意味はわかってくれる。

イサーン語でウケを狙う男はファランにも多く、
タイ人も”イサーン語を話す外国人”には
徐々に慣れ、珍しくなくなりつつある。

だが、今回紹介したフレーズを口にする外人は
まだ殆ど居ない。

タイ古語で「そなたを愛す」と冗談言えれば、
爆笑されるようなフレーズではないけど、
珍しがられる事、間違いなしだよ!

ただ、タイ語の古語は
若干、ぞんざいな響きがあるらしいので、
まずは冗談が通じる相手に使ってみよう!

<注>

今回の ข้า カー 我、私 は、
ฆ่า カー 殺す と同じ発音声調なので、
必ず「カー・ラッ・エンのフレーズごと使うようにね!

「料金」の意味の ค่า カー も発音は同じだが、
間違えられる心配はないでしょう。

 

スポンサーサイト



theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

タイ語で「噴き出す」の若者言葉


タイ語で「腹壊した」とか「下痢」は、

ท้องเสีย お腹+壊れる

が普通の言い方だが、
下品な言い方が以前書いた

ขี้แตก キー・テーック
ウンコ+割れる ⇒ 腹壊す、下痢
(今日では関連の諸症状全般の意味で使用可)

そして、
この言い方から派生したと思われるが、
ウンコが破れる ⇒ ウンコが流れ出る、噴き出る
という使い方を他に流用したのだろう、

น้ำแตก ナム・テーック
液体が噴き出る ⇒ アスジが噴き出す
(訳す際は単に「出る」でもOKだね)


ちなみに、
ตดแตก トッド・テーック
おなら+割れる ⇒ オナラが噴き出る

こういう言い方をしたとしても、
ほとんどのタイ人は理解できるはずだ。


この「ナムテーク」も若者が使い始めた言い方。

粋なフレーズと言えなくもないから、
愛を確かめ合う時に「ナム・テーック!」
と言うと、きっとウケルよ!

また、冒頭の「キーテーック」は、例えば、
友人が「トイレに行く」と言って席を立とうとした時に
「キーテーック・ロ?」と言うなど、
タイ人若者は下品なジョークをよく使うのも覚えておくといいよ!

ขี้ キー ウンコ
แตก テーック 割れる
น้ำ ナム 水、液体
ตด トッド 

 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

タイ語で「せまくて?」「狭くて?」


タイ・バンコク関連のブログで、
このタイ語を解説した記事は多いだろうと思うが、
一応、お約束のフレーズなので書く事にした。

「狭くて」と言っているように聞こえるが、
もちろん意味は全く違う。

เซมากูเตะ セーマークーテッ
フラフラこっちに来たら蹴ってやる

เซ セー ふらつく
มา マー 来る
กู クー 「俺」などよりもっと汚い自分を指す言葉。女も使用可
เตะ テッ 蹴る


このタイ語をそのまま店の名前にした日本料理屋も
バンコクかどこかにあったと思うが、
基本的に汚い言葉である。

と言っても、汚いのは一語だけで、
กู クー がそれだ。

とかワシに近い意味のガサツで汚い言葉。
ピッタリのニュアンスの日本語が思い浮かばないな~

ま、これも仲良しの間柄で使うぶんには、
楽しい冗談としてタイ人も笑ってくれるから、
タイ女が酒に酔ってるような時に使うと面白い。

俺の同僚だったS君は、
オフィスでよくこのフレーズを耳にしたそうだが・・・

オフィスが「セマクテ」じゃなく、
「こっちに来たら蹴っ飛ばすぞ!」
という意味だったんだよね~ (*`艸´)ウシシシ

cf.
โซเซ ソーセー よろめく

 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

04 | 2010/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

fufuokamura

Author:fufuokamura

「バンコク駐在員日記」の
フーフー岡村が解説する
笑える楽しいタイ語講座!

おススメの本

Gダイアリー1月号

女性との会話には

真面目に勉強するなら

俗語で面白会話

タイで働くつもりなら

タイ旅行だけなら

最新記事
おススメの本

真面目に勉強するなら

夜遊びに必携

夜遊びに必携

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム