スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

タイ語では 100 か 101 か?



タイ人と結婚したタイ駐在員の同僚と
バンコクで一緒にメシを食った約2年前の話。

この男、
発音は悪いし、声調の間違いも多いが、
流暢に?タイ語を話し、それが部下に通じている。

タイ人と話してれば徐々に掴めてくるのだが、
「通じる話し方のコツ」みたいなものがあって、
発音や声調と共に、コツを掴むのも大事である。


さて、
たらふく食って会計すると1100バーツ。

俺がとりあえず全額払ったが、
奴も一応、いくらかは払おうとしてくれた。

「いくらでした?」
「俺が払うからいいよ」
「いや、僕にも払わせてください」
「いやいや、もういいから」
「じゃ・・・1000ちょっとでしたよね?
 岡村さんが1000払って、残りを僕が払います。
 全額払ってもらったら、女の取り合いになったときに
 常に僕が譲らないとダメになっちゃうじゃないですか。
 1000いくらですか?」


「ขอบใจหลายๆ ร้อยหนึ่ง ครับ」
コーブ・ヂャイ・ラーイ・ラーイ。ローイ・ヌン・クラップ
おおきに、おおきに。100(バーツ)です。
前半部分がイサーン語なので、関西弁に訳しました

「あ、101バーツですか」
「いや、100ちょうどだよ!」


100は ร้อย ローイ
必要に応じてหนึ่งร้อยヌンローイと言う。

しかし、逆さにしてローイ・ヌンと言う事も多い。
(千や万でも同じように、後にヌンをつける)

これを知らないと、ローイ・ヌンと言われた時に
”101”だと勘違いする可能性があるワケだ。

これって、日本の芸能人がよく使う業界用語、
すなわち、
何でも逆さにするアレじゃないだろうけど・・・

俺のテキトーな推測だけど、
「100が一個」という感覚じゃないかな~。


<101にまつわるタイの田舎の話>

タイ人女性に出身地を尋ねると、
「101」と紙に書かれる場合がある。

聞いた事がなければ、
何の事だかサッパリ分からない。

100ローイヌン だから
言葉にすれば「ヌンローイ・ヌンである。


しかし、11スィップエッ などと、
2桁の数字の場合の1の位の1はヌンでなくエッになる。

つまり、11や21と同様に101
ローイエットと読ませるんだね。

つまり、出身地は ร้อยเอ็ด ローイエット なのだ。

地名のローイエットの由来も、
もしかしたら”101”なのかもしれないね。

数字の101については「ヌンロイエット」「ヌンローイヌン」など、
  どちらの言い方でもいいようです。



<苦笑されそうな例>

バンコクはドンドンとインフレが進んでいるが
パタヤではまだカンクーンで1000Bで充分だ。

เท่าไร タオライ? いくら?

と尋ねて

พันหนึ่ง ค่ะ パン・ヌン・カッ 1000Bです

と言われたからって、
1001バーツ払ったら笑われちゃうよ!


ちなみに、タイ語がかなり話せるレベルになっても、
この程度の言い回しも知らないというのはありうる。

例えば、タイ人の彼女・嫁を持つと
当然ながらタイ語会話能力はメキメキ上達する。

しかし、夜の街で使うHなタイ語はあまり上達しない。
当たり前の話で、タイ人嫁やタイ人彼女が
日本人彼氏や夫にHな会話を教えるはずがない。

逆に、極力、教えないようにするだろうから、
卑猥なタイ語を覚えるなら、
会社ではタイ人男性ワーカーと仲良くすることだね。

とにかく、タイ人とガンガン話す、
これがタイ語上達のコツだね。


なお、この言い回しにまつわる話で、
こんな経験がある。全くオチはないけど

駐在員だった頃、タイ人ワーカーに

「この箱にはいくつ入っているんだ?」
「今日は何個生産できた?」


などと尋ねたような場合、

「ローイ・ヌン、カッ」 (100です。)

と答えられるケースが多かった。


意味は分かっていたけど、
いい機会だと思っていろんな奴に訊いてみた、

「それって、ヌン・ローイの意味か、
 それとも、ヌン・ローイ・ヌンか?」



すると、
同僚Tがワーカーの中で2番目に好きだったキッティヤというタイ女は

「ヌンローイ、カッ

と言い直したし、
手は速いけどよくトイレでサボる男性ワーカーは

「意味は同じ、100ですよ。
 ヌンの発音が違うんです」


と答えた。


その後、タイ語の本を見ると、表記は同じだった。
表記が同じだと、原則としては発音も同じはずだが・・・

あまり深くつっこむと、ワーカーに嫌われるから
どうでもいい事だし、問いただすのは止めたけどね。
  
スポンサーサイト

 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

fufuokamura

Author:fufuokamura

「バンコク駐在員日記」の
フーフー岡村が解説する
笑える楽しいタイ語講座!

おススメの本

Gダイアリー1月号

女性との会話には

真面目に勉強するなら

俗語で面白会話

タイで働くつもりなら

タイ旅行だけなら

最新記事
おススメの本

真面目に勉強するなら

夜遊びに必携

夜遊びに必携

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。