スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

タイ語では散髪屋 より ビューティサロン


タイ語で
「パイナイ?」(どこへ行く?)と尋ねられて、
真面目に答えるクセのある人は特に、
タイ語の発音と声調を正しく覚える必要がある。

「パイナイ?」は、ほんの挨拶だからね。

しかし、
キチンと覚えなくても通じる工夫をするのが
フーフー岡村のタイ語講座だ。

そのツボは後で解説するとして・・・
まずは能書きから行くよ!!


さて、初心者の頃は通じにくい、
その典型が「散髪屋(床屋)」

ร้านตัดผม ラーン・タッ・ポム

ร้าน ラーン 
ตัด タッ 切る
ผม ポム  という意味もあり
ชาย チャーィ 


バンコクの散髪屋の壁には
ตัดผมชาย タッ・ポム・チャーィ
男の髪を切る
とステッカーが貼ってあるものだ。


この声調が日本人にはなかなか馴染めない。

まず、ポムについて言うと、
ポで上ってムで下がる声調で話す人が多いが
ポで下がってムで上るのが正しい声調だ。

同様にタッ(ト)も、
日本訛りのタにアクセントを置く”上がる声調”は間違いで
低く平たい声調(声調記号では右下がり)が正しい。

タッだと1音節なので声調も分かりやすいが、
「タット」と日本人がカタカナ読みすると2音節になり、
すると上がって下がる声調にもなりかねない。

苦労するのが、
慣れない声調の単語が続くと、全部の言葉を
滅茶苦茶な声調で喋ってしまいやすい事だ。


<能書きはココまで>


さて、そんな難しい話はどうでもいい、
とにかく通じやすく覚えやすけりゃそれでいい
楽しく話せりゃそれに越したことはない

という人は、
俺がよく使う言葉を試してみるといいよ!

チョー簡単なのに、
かなりの確率で笑ってくれるからね!


「パイ・ナイ?」
「パイ・ビューティサロン!」
「ハハハ!」

以上。

我々日本人にとってはタイ語訛りの英語がおもしろいし、
タイ人女性にとっては
(男がビューティサロンへ行くのか?)
とおもしろがってくれるんだね。


”ビューティサロン”はタイ人独特の声調があるが
簡単に覚えられるはず。

このタイ語なまりの英語は
話してみるとなかなか楽しいんだよね。

テーメーの常連タイ女などに
「昼間は何やってんの?」
と尋ねると、答えは決まって
「ビューティサロンで働いている」
または
「ロビンソンで働いている」
のどちらかだ。
90%以上の確率で嘘だろうね~

それを利用してビューティサロンの声調を覚えよう!!


因みに「ビューティサロン」は、
バンコク、チェンマイ、パタヤ、プーケットなど、
大都市・観光都市では通じても、
人口数千人程度の田舎では通じないかもしれないね。

なお、4髪屋なら俺の公式サイトへどうぞ!


<追記>

上記の解説では「分かりにくい」
という指摘を友人から受けたので、
馴染みのある単語で解説を加えてみる。

タイ語初心者にも馴染みがある単語に

สิบ スィッ 10

がある。


日本人の中でも、
外国語のセンスに欠ける人に多い間違いは
英語の”船⇒Ship”のように
「シップ!」と発音する間違いである。
しかも、キッチリと「プ」まで発音する人が多い。

タイ語では「シ」ではなく「スィ」だ。
(イサーン語では、かなり「シ」に近くなるが)

次に、1音節で発音する人でも、
”シ”にアクセントを置く、上がる声調になる人が多い。

また、「シップゥ」って感じで2音節で発音すると、
声調も”シ”が高く強く、
”ップ”で下がりやすい。
つまりタットと同じパターンの間違いである。

間違った声調でも意外に通じたりするのは、
イサーン語の”スィッブ=10”が、
日本人が間違えて発音する声調と同じだからである。

つまり、タイ語とイサーン語では、
声調が違うだけ、という言葉が多いのだ。
日本語でも、標準語と関西弁やその他方言でも、
多くは声調が違うだけ、というのと同じである。


ただ、
日本人が発声する「シップ」だと発音も正しくないから、
外人慣れしてないタイ人には通じない。

特に日本人は、最後の「プ」まで、
きっちりと「PU」と発音するから、
欧米人のタイ語初心者に比べても更に通じにくい。

ローマ字で表すと「SIP」「SIPP」が正しいのであって、
「SHIPPU」「SHIPPHUではないからね。

スポンサーサイト

 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

fufuokamura

Author:fufuokamura

「バンコク駐在員日記」の
フーフー岡村が解説する
笑える楽しいタイ語講座!

おススメの本

Gダイアリー1月号

女性との会話には

真面目に勉強するなら

俗語で面白会話

タイで働くつもりなら

タイ旅行だけなら

最新記事
おススメの本

真面目に勉強するなら

夜遊びに必携

夜遊びに必携

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。