タイ語方言「何しているの?」「仕事しているのよ!」



バンコクセミリタイヤ日記のつづき

メシ食って時計をみたら22:15。

マッサージ嬢に連絡だけはしておいてやろうと思い、
一応、バンコク某所から電話してみた。

「ペン・イヤン?」 *1

「ヘッ・イーヤン・ユー?」 *2

「ヘッガーン!」 *3

「OK、OK。明後日行くよ!
 ケー二ーナッ(じゃあ、な)!」



電話を切った後、
俺は思わず笑ってしまった。
このやり取り自体は、他人が聞いても何も面白くないんだけど


เฮ็ด = ทำ 

ヘッタム
する
声調について疑問点があるので下記参照願います

อีหยัง = อะไร

イーヤンアライ



เฮ็ดอีหยังอยู่ *2

ヘッ・イヤン・ユー
タム・アライ・ユー
⇒何してんだべさ?

というイサーン語である。


実は前週、
この女を指名してVIPルームに入ったとき、
急な雨でズブ濡れになった俺を見て、

เจ้าไปเฮ็ดอีหยังมา

ヂャオ・パイ・ヘッ・イーヤン・マー

あなた・行く・する・何・来る
⇒「あなた、何スて来たんだべ?」

と、女が訊いてきたのだった。


俺がイサーン語を少し話せると知ってて、
わざとイーサーン語で尋ねてきたのだ。

で、この「ヘッド = する」は俺も知ってたが、
どう書くのか?までは確信がないので、
この時にスペルを教えてもらっておいた。


で、更にその夜、俺は
バンコク某所のバービアへ行った。

「日本語を教えて」という、
しらじらしい営業をする女の店である。

その女が「あなた、今、何しているの?」というのを、
教えて欲しい項目に挙げていた。

そこで、まず、
タイ文字とローマ字とで日本語の発音を書いてやり、
更にその下にイサーン語訳を、
さっき按摩嬢から教わった通りに書いてやった。

เฮ็ดอีหยังอยู่ (=「何をしている?」


すると、その女が

「アンタ、日本人のクセに、
 よくこんなイサーン語を書けるね?!」


と、ゲラゲラ笑ったんだね。

ベッカム や トムクルーズ が
「なんでやねん?!」 「んな、アホな!」
と、日本語で書くようなもんだからね(*`艸´)ウシシシ


・・・とまあ、そういう経緯があったので、
そのフレーズを今度は俺が使って
電話で「ヘッ・イーヤン・ユー」と尋ねてみた。

すると、
それに対する返事が「ヘッド・ガーン(ユー)」
つまり、「仕事している」*3 だった。

イーサーン語にはイサーン語で返してきたワケだが、
それが仕事中だったから笑ったのだ。

即ち、
個室で客を相手にしていた、
ということで、

たぶん、日本人の客なんだろうな~・・・
いや、もしかしたらインド人かも・・・

(タイ人なら、イサーン語でも意味が分かるからね)

意味不明なので”ボケ~”っと
MP嬢が話してるのを聞いてるんだろうな・・・

いやいや・・・
その(日本人?)客、イサーン語の意味が分かれば
もっとおもしろかったりするかも(*`艸´)ウシシシ


な~んて想像すると、
独りでウケて、独りで笑ってしまったワケだ。


あの時のお客さん、
お楽しみのところ、邪魔してゴメンね!!


なお、「ペン・イヤン *1 は、
タイ語の「ペン・アライ」で、
「どうしたの?」っていう意味だ。

日本人の耳には
「ぺンヤン?」「ペンニャン?」と聞こえる。

また、イサーン人でも、ショートメールを送ってくる時には、
「ペン・ヤンと書いて送信したりする。

電話を受ける時に
「ハロー」の代わりに使ったりもする。


ちなみにタイ語の”キノコ”は เห็ด ヘッド だが、
違いは か、である。

その2つの違いの場合、基本的には声調が変わる。

 だと低調子の声調、
 だと上がる声調になるのだが
イサーン人の発音を聞いていると、曖昧ながらも
俺の耳には低調子の声調に聞こえる。

という事は、 が正しいならば
長母音を短母音化する記号(文字の上についているアレ)、
声調記号が付く事で”アレ”が落ちる形になる、
その逆パターンなのかなと思ったりする。(例:ต้อง の逆パターン)

なぜなら、 で低調子にするためには
ホーナムを利用してマイエークを付けなければならない。

それが面倒だから(というか理解してないタイ人も多いが)、
とりあえず”アレ”で誤魔化す手法で一般的に通じるのでは?
などと推測するが・・・

そもそも、 にすれば
声調の問題は解決するのだが、
それだとタイ語の「キノコ」の意味になるからダメだ
というイサーン人の思考回路なのかなと思ったりした。

ただ、もしも俺の耳が壊れているだけの話だとして、
上がる声調で正解なら、ホーノックフークでOKだ。
スポンサーサイト



 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

12 | 2020/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

fufuokamura

Author:fufuokamura

「バンコク駐在員日記」の
フーフー岡村が解説する
笑える楽しいタイ語講座!

おススメの本

Gダイアリー1月号

女性との会話には

真面目に勉強するなら

俗語で面白会話

タイで働くつもりなら

タイ旅行だけなら

最新記事
おススメの本

真面目に勉強するなら

夜遊びに必携

夜遊びに必携

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム