タイ語を真面目に勉強したい人へ Part 2


タイ語を真面目に勉強しようと考えている人へ、
テレビ番組で勉強する際の注意点その2


<その2.タイ文字>

俺はタイのテレビでハリウッド映画もよく観る。

タイ語字幕を見ていると、
「へ~、こういう言い方もあるのか・・・」
と感心するのはよくある事だ。

が、
タイ語字幕が間違っている事が多々あり、
字幕で覚えたタイ語を
タイ人との会話に使って笑われた事が何度かある。

その代表例を紹介してみよう。

หวดดีครับ フアッディー・クラップ

映画の内容から、
明らかに「サワッディー・クラップ」の意味だ。

日本語で「こんにちは」を早口で言うと
「ちわ!」「ちわーっす!」となるのと同様、
タイ語でも「ッワディ・カッ」と聞こえるのは
誰もが経験していると思う。

同様に
「サワッディー・クラップ」を早口で発音する
バリエーションの一つとして
「フアッディー・クラップ」も存在するのだろうか?

と、その時は思った。

最初から最後までこのスペルで表示されるので、
まさか間違いでは無いだろうと思い、
久しぶりに会う女にこの言葉で挨拶してみた。


「フワッディー・クラップ!」

「ウフフ!何それ?新しいギャグ?」

「ギャグじゃないよ!
 この間、テレビで映画の字幕で覚えたのさ。
 ダイハードって映画だよ、知ってるだろ?」


「そんな言葉聞いたことないよ」

と女が言うので、

หวดดีครับ と紙に書いて説明したら

「それ、หวัดดีครับ の間違いよ!」

と言われ、漸くハッと気付いた。


「あ、そうか~・・・書き忘れなんだね」

「アンタも大した事ないわね~」

「いや、間違いなく หวดดี だったんだ。
 何度も何度も画面を見て確認したからね。
 映画の最初から最後まで、ずっと同じだったよ!
 でも、そういう間違いとは気付かなかったな」


「タイ人はテキトーだからね」

「いや、すぐに『こうじゃない?』と指摘した君は
 流石に หวดดี フアッ・ディーだね、ぷぷぷ!」


「それを言うなら หัวดี フア・ディー でしょ~?!」



<解説>

สวัสดี サワッディー (挨拶の決まり文句)

日本語と違い、一日中使える便利な挨拶。
「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」などの意味


หวดดี フアッディー (字幕の書き間違い)

「こんな言葉は現代タイ語には無い? いや、
 多くの母音を駆使するタイ語だからあるに違いない」

などと思ったりもしたが・・・

ある日、女性の名前で หวด フアッ というのがあるのを知り、
そこでタイ人に訊いてみると、フワット とは元々は
「竹で編んだ米を蒸す為の籠」(せいろの一種)の意味のイサーン語、
転じて、或いは元々、
「菅笠っぽい帽子」「(すっぽり被るタイプの)仮面」等の意味もある、
イーサーン語がタイ語としても使われるようになったものだ、
と面倒くさそうに教えてくれた。
(ピーターコーン祭りでかぶるのも、このフアッドだそうだ)


หวัดดี ワッディー 
挨拶の「サワッディー」をやや崩した言葉。

映画のタイ語字幕を見ていると、
このスペルが頻繁に出て来るので嫌でも覚える。
上述の「ちわーす!」や「あざーす!」のような省略形だろうね。


หัวดี フア・ディー 頭良い、賢い

หัว フア  
ดี ディー 良い

(注)フア・ディーフアッ・ディー
タイ語では明らかに違う言葉になるので区別が必要。
日本人の耳には同じ物という感覚になるだろうけどね


なお
หวัดดี ワッディー と หวดดี フアッディー の違いは、
タイ文字の読み書きを勉強しないと分からないだろう。

読み書きのルールをキチンと勉強してない人なら、
読み方は逆と思うんじゃないかな?

หวัดดี ←コレは「ホーナム」を利用したもの。
 ・・・低子音字で始まる言葉には
第2声調つまり「低く平たい声調」が無い。
(学校によっては「下がる声調」と教えるらしい)
因みに第5声調(下がって上がる声調)も無い。

それを  を前に付ける事で高子音字化し、
第2声や第5声の言葉を作るためのもの。
よって、  は
ハ行を発音するために付いているのではない。

ところが หวดดี だと、
詳しい説明を書くと長くなるので割愛するが、
フアッ・ディーと読まねばならない。

タイ古式マッサージ屋の看板に
นวด ヌアッ とあるのをよく見ると思うが、
アレもこの読み方のルールと同じだ。

<解説終わり>

以上、長々と書いたが
映画ダイハードのタイ語字幕は間違いであると、
タイ人に言われて気付いた。

<注>
実はこの記事は数ヶ月前に書いたもの。
で、先週末ちょうどダイハードⅠとⅡがテレビで放映されたので
再確認の為に観てみると「フワッディー」じゃなくなっていた。

視聴者に指摘されて直した・・・ってのは考えにくいから、
あの映画はターミネーターだったかも・・・
俺の勘違いだったら、字幕屋さん、ゴメンね!



日本のテレビ番組は、
基本的に下請けの制作会社が番組を作るが、
制作会社の従業員に教養の無い者が多いと
字幕/テロップ/フリップ等でよく誤字脱字をやる。

恐らく、
タイでも似たような状況にあるという事だろう。

タイ語をテレビで勉強すると、
上述の通り、間違ったまま覚える可能性がある。

それを矯正してくれるタイ人が居る環境にあればよいが、
さもないとテレビでの独学は危険である。

特に声調は、知らずに脳に刷り込まれていくから
聞き取りの訓練をするなら、
ドラマ、バラエティ番組やニュースの方がいいね!
 
スポンサーサイト



 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

07 | 2019/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

fufuokamura

Author:fufuokamura

「バンコク駐在員日記」の
フーフー岡村が解説する
笑える楽しいタイ語講座!

おススメの本

Gダイアリー1月号

女性との会話には

真面目に勉強するなら

俗語で面白会話

タイで働くつもりなら

タイ旅行だけなら

最新記事
おススメの本

真面目に勉強するなら

夜遊びに必携

夜遊びに必携

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム