タイ語で「スケベ」にもいろいろ


ทะลึ่ง タッルン スケベ

ลามก ラーモッ ドスケベ

หน้าหม้อ ナー・モー スケベ
 地方出身者には通じにくい隠語

จัญรัย ヂャンライ ドスケベ、変態、(人間のクズ)


「タルーン」と発音する日本人が多いが、
その発音だと通じにくいはず。
「タ・ルンと切るように、または
「タッルンと発音するのがコツ。
”ル”はLの発音で、”イ”の口で「ル」と言うつもりで。

ラーモッのラもLの発音なので、
舌先を前歯に当てる感じで発音しよう。

ナーは顔のナー、モーは鍋のモー。

ヂャンライは、元は「人間のクズ」的な意味らしい。
相手に言う場合はケンカ腰である。

メッタに聞く事も言う事もないし、
タイ人でも語源から正確に知っている人は少ない。
「ドスケベ」というのも、それらの広い意味の内の一つに過ぎない。

「皆の努力や善行を、ブチ壊しにする人」を指す、
というのが最も”らしい”ニュアンスのようだ。

かなり口汚い言葉で使わない方がいいのだが、
<参考>との区別のためにココで覚えておくといい。

 จัญไร ヂャンライ や、

 จังรัย ヂャンライ  と書く場合もアリ。

この”ラ”はRの発音だから、巻き舌で。


 <参考:ヂャンラーイ>

(例) 
ดีจังเลย ディー・ヂャン・ラーイ とてもいいわ!

この場合の「ラーイ」はLの発音。
ラーイとルーイの中間と思えばいい。
発音を間違えるとマズイので、違いを区別しておく事。

この
ディー・ヂャン・ラーイ とてもいいわ! や、
ゲン・ヂャン・ラーイ とても上手よ!
はよく耳にすると思う。

が、悪い方の「ヂャンライ」は滅多に聞く事がないため、
(日本人には)よく似た言葉だから混同する危険がある。

日本人がカタカナを読んで発音すると、
悪い言葉の方になってしまうので、
ディー・ヂャン・ラーイ
の方をよく聞いて感じを掴んでおくべきだね。

滅多に使わないから、間違えたからといっても
タイ人が聞いてケンカになる事はないと思うけど、
この違いは一応、頭の片隅にでも入れておいてね。
スポンサーサイト



 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

12 | 2020/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

fufuokamura

Author:fufuokamura

「バンコク駐在員日記」の
フーフー岡村が解説する
笑える楽しいタイ語講座!

おススメの本

Gダイアリー1月号

女性との会話には

真面目に勉強するなら

俗語で面白会話

タイで働くつもりなら

タイ旅行だけなら

最新記事
おススメの本

真面目に勉強するなら

夜遊びに必携

夜遊びに必携

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム