スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

タイ語「コヨーテに行きたい」が通じない。

英語では”COYOTE”

バンコクのスクムヴィット33の角にある7-11の隣に
”COYOTE”というパブがある。

が、
女は踊ってなさそうだから
俺は入った事がない。
(ただの白人向けのお洒落な店っぽい)


さて・・・タイ語では”コヨーテ”を、こう書く。

โคโยตี้

発音は「コヨーテ」では通じない。
正しくは「コーヨーティー」
早口だと「コヨティー」って感じ。

ティーは、日本人が日本国内で紅茶のティーと言う声調。
つまり、上がって下がる声調。
(ウンコの”キー”と同じ。また、日本人が”アイスティー”と発音すると
 単独で”ティー”と言った場合と声調が違ってしまうので注意)



バンコクのコヨーテ最高級店はカリビアン(旧・トゥウェンティ)。

派手でゴージャスだが、料金もかなり高い。
(今も存在するのかどうかは知りません)

ラムイントラ~ラプラオあたりまで行けば、
かなり安く、雰囲気もよく、
スレてないコヨーテがいくつもある。


俺はディスコやコヨーテなどのウルサイ場所は嫌いだが、
RCAのフォルテなら近いし、
ボトルを入れてれば安いから、
一通り遊び飽きてしまった友人を連れていくにはいい。

シーバスリーガルが2500バーツだったと思うが、
とにかくボトルを一本入れていれば、
後はミネ代(もしかしたらチャージかも)の80バーツ、
これだけで済んでしまう安さだ(一人当たりだけど)


たまに日本から友人が来て案内しても、
毎日そいつと行動してては
すぐに話すネタもなくなってしまう。

コヨーテでタイ人女性ダンサーを眺めながら、
黙って酒を飲むのもたまにはいいね。
  

スポンサーサイト

 

theme : タイ・バンコク
genre : 海外情報

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

fufuokamura

Author:fufuokamura

「バンコク駐在員日記」の
フーフー岡村が解説する
笑える楽しいタイ語講座!

おススメの本

Gダイアリー1月号

女性との会話には

真面目に勉強するなら

俗語で面白会話

タイで働くつもりなら

タイ旅行だけなら

最新記事
おススメの本

真面目に勉強するなら

夜遊びに必携

夜遊びに必携

リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。